環境との調和を大切に。徳島|基礎工事・泥土リサイクル 宮﨑基礎建設株式会社

ISO9001・ISO14001
OHSAS18001 認証取得

採用情報 
宮﨑基礎建設へようこそ

亀濱
亀濱
平成7年入社
土木・基礎事業部
亀濱 丈伸
 
亀濱
平成7年入社
土木・基礎事業部
亀濱 丈伸

実は、杭を打つのがすごい楽しいんですよ。いま僕は主に重機に乗っていて、中でも杭打ち機によく乗っているんですが、とにかく杭がうまいこと打てて、予定通りに進んだ日は家に帰ってもビールがうまい。ごきげんで寝れます。でもね、杭は入る時もあれば入らない時もあります。入らんかったら途中で抜かないといけないんですよ。これはつらい。半日かけて打っていた杭を抜く時とかは、現場みんなの落胆が肩にかかってきます。杭を打つためにはまず穴を掘るんですが、穴を掘れないと杭を入れられないです。地盤によってはなかなか掘り進められない時があるんです。土の中は見えませんから、そこはやはり長年の経験と勘なわけです。

 
亀濱

宮﨑に入ったのは何となくでした。機械に興味はあったけど、特に何をしたいというのもまだなくて。そんな僕だけど、もう25年も経つんですね。入社してしばらくは一番年下でしたが、上の人がよく面倒をみてくれました。仕事で嫌な思いをしたことはないです。だから続けてこられたのかな。初めて一人で機械に乗ったのは四国三郎橋の工事。ユンボでただ土をかき上げる仕事だったんだけどできなくて、当時は携帯電話もなかったから、近くの公衆電話から助けを呼びました(笑)それで先輩が来てくれて、教えてもらいながら作業を終わらせました。怒ったりしないで助けてくれてうれしかったー。

 
亀濱

うちの会社は新しい機械を積極的に取り入れているので、次はこの機械が必要だからと社長に言われて、資格を取ったり勉強したりしていろんな重機の操縦にチャレンジしてきました。おかげで今は、県内に数台しかない重機の操縦もできるようになりました。重機の操縦にもセンスがあって、うまい人の操縦を見てると惚れ惚れしますね。重機の操縦は無心になって打ち込めるので、もっともっと挑戦していきたいです。

もう1つ実は、僕の嫁さんも前に宮﨑で働いていたんです。会社で出会って結婚しました。もう人生が宮﨑って感じですよね。長期で県外出張をすることもあるんですけど、出張中も週末は家に帰るようにしています。嫁さん、こどもと一緒にいたいですからね。家族のためにも、まだまだ宮﨑でがんばりますよ。

その他のインタビューを見る

▲ページの先頭へ▲