環境との調和を大切に。徳島|基礎工事・泥土リサイクル 宮﨑基礎建設株式会社

ISO9001・ISO14001
OHSAS18001 認証取得

採用情報 
宮﨑基礎建設へようこそ

斉藤
斉藤
平成29年入社
土木・基礎事業部
斉藤 一平
 
斉藤
平成29年入社
土木・基礎事業部
斎藤 一平

こどもの頃から車より重機の方が好きでした。家の近所でたまたま宮﨑基礎建設が工事をしていて、その時に見た重機がすごいかっこよかったんですよ。それで高校に来てた求人を見て宮﨑に入ったんです。今は少しずつ資格を取っていて、重機に乗ることも時々あります。人の力では到底できない作業を重機なら軽々できる、やっぱり魅力的ですね。自分が乗っていた時、近くを通りかかった小学生に「かっこいいなぁ」と言われた時には優越感でした。そして、自分の関わった仕事が地図にずっと残るというのは、何とも言えないやり甲斐があります。

 
斉藤

現場に出てすぐの頃はきつかったですね。何をするにしても名前は分からないし、覚えることがいっぱいあって苦労しました。あと、歳の近い先輩がいなくて話が合わないとか、しんどい時もありました。でも、辞めて高校に迷惑をかけたくなかったし、高校の先生のアドバイスや職場の先輩たちのおかげで乗り越えることができました。初めて出た現場は高速道路の橋脚基礎工事でしたが、何もできない僕に先輩がいろいろ教えてくれてうれしかったんですよ。

 
斉藤

建設業は作業をするのにそれぞれ資格が必要なんですが、宮﨑は会社がバックアップしてくれて資格取得できるので、がんばってもっといろんな仕事をできるようになるぞーっていう気持ちになります。今では宮﨑でお父さんがいっぱいできた感じで、先輩たちからいろんな話を聞いたり、教えてもらったりして毎日楽しいです。クローラーに乗りたくて宮﨑に入った僕ですが、乗るための「移動式クレーン運転士」試験を、来年いよいよ受験します。

その他のインタビューを見る

▲ページの先頭へ▲